一番の原因は下着の摩擦

一番の原因は下着の摩擦

乳首のピンクを簡単に消す方法はあるのでしょうか。まずはその原因を知ることからはじめましょう。

 

乳首のピンクで一番の原因は下着の摩擦によるものです。肌に刺激をうけるとメラニン色素がつくられます。紫外線にあたると日焼けをしますが、これも紫外線から肌をまもるためにこのような現象がおきます。下着による摩擦も肌への刺激なので、メラニンが作られてしまい、乳首が黒くなってしまうのです。

 

また乳首はほかの場所と比べて皮脂腺が少ないです。肌が乾燥しやすいため、これもピンクの原因になります。ほかに汗、おりものなどが原因で皮膚にかぶれや炎症が起きることがあります。これも肌を守る必要があるためメラニン色素がつくられて色素沈着を起こしてしまうのです。

 

では乳首のピンクを簡単に消す方法はあるのでしょうか。まず刺激をへらすことです。ただこれでは防ぐ方法であっても、消す方法とはいえません。できれば即効性がある方法がいいですね。そのためにはピンクに効くクリームがおすすめです。これはメラニンを作らせないことで、色素沈着によるピンクを防ぐという効果があります。

 

さらに即効性がある消す方法として、ハイドロキノン入りのクリームがあります。ハイドロキノンは色を脱色する効果のある成分です。メラニン色素を脱色することができるので、一般的なピンクを消す方法よりも即効性があり効果が早くでるのです。